都会と田舎の間トカイナカ

マンションからトカイナカに移住して数年

冬の庭に自動チェンジ

うちの庭は野菜エリアと草花エリアに通路一つで分かれてる

 

草花エリアには一年草の花は植えないって決めている

例えばパンジーとかプリムラとか…

毎年 苗を買って捨てての繰り返しは嫌だから

 

2月になると草花エリアに水仙とか春の花が咲き始めるけど

1月は花がなく葉も枯れて土がむき出しで寂しくなる

で、2年前 

1箇所に大量にあった彼岸花の球根をあちこちに移植した

彼岸花は秋の一時期しか咲かないけど

冬中、青々とした葉が茂ってくれる

f:id:m888888:20210111170244j:image

ヤブランなどと違うのは

初夏から秋にかけて地上部がなくなってくれる事

地下部のみになる

 

初夏になると一気に混み合う草花エリアから姿を消して

秋になって草花が寂しくなる時に出てきてくれてグランドカバーしてくれる

落葉樹の下や冬になるとなくなる茗荷やフキの位置に植えておけば

寒々しい地面をカバーしてくれる

上の写真は夏の間は下のとおり茗荷畑になる

この時には彼岸花の地上部はなくなる

f:id:m888888:20210111171318j:image

こうやって何も植え替えせずに

四季折々の草花に移り変わってくれるようにするには何年もかかる

 

2年前の冬

草花エリアには下のとおり何もなかった

f:id:m888888:20210111220151j:image

草花エリアは一年中何も植え替えしなくても自動チェンジするように

自己流で設計図を書いて作っている